Lesson

■漆の教室 「津軽塗秘伝指南所」

青森県津軽地方に伝わる津軽塗りを東京で本格的に学ぶ事が出来ます。津軽塗りだけではなく、漆の基本的な行程や技法も同時にお教えします。その他、木工作家さんの器を漆で仕上げたり、自宅に仕舞い込んでいた漆製品を塗り直してみたり、漆を身近に楽しんで貰う事が当工房の目的です。また、ご希望の方には金継ぎもお教えします。本場の弘前の現場で覚えたので、余り上手ではないかもしれませんが、皆様と共に学び楽しむ姿勢でやっていきたいと思っています。

  1. お箸の研ぎ出しを5000円で体験出来ます。研ぎ出し体験だけの場合は仕上げてお送り致します。(要予約)

  2. 入会する場合は、研ぎ出し体験の5000円を入会金とします。研ぎ出し体験をしない場合も、入会金は5000円です。

  3. 月謝は13,000円、消耗費500円(テレピン油、刷毛洗い油、ティッシュ、研磨材等)で、月4回木、土のどちらかの曜日を選んで頂きます(固定)。
    月謝は月末支払いでお願いします。
    基本的に振り替えは致しませんのでご注意下さい。やむを得ない場合はご相談下さい。

    ・木曜日:13時〜16時(3時間)定員4名
    ・土曜日:13時〜16時(3時間)定員4名
  4. 材料費は別途頂戴致します。

  5. ご自分が作りたい物の持ち込みも可能です(釣竿、しまってあった古いお盆等)。ただし、大きすぎるもの、長すぎる物は漆風呂の大きさに限界がありますので、お断りすることがあります。また、当工房は個人で作品作りを楽しむ為の目的で解放しておりますので、他人から依頼された物や、個人の商売目的での製作物の持ち込みは固くお断りします。

  6. 漆の特質として、かゆみやかぶれが出る恐れがありますので、ゴム手袋や割烹着などで個人で防御して下さい。当工房は医療保証等は一切負いかねますので、予めご了承下さい。

 漆は一ヶ月や二ヶ月で出来るものではありませんので、なるべく長くやって頂く事をお勧めします。その他、不明な点がございましたら、お気軽にご相談下さい。

 

指南所の様子はブログをご覧下さい。

▲ 左:下地(地の粉漆)塗りの行程 / 右:蒔き地の行程
▲ 左:下地(地の粉漆)塗りの行程 / 右:蒔き地の行程
▲ 門人の作品
▲ 門人の作品